屋根と外壁をまるっと塗装

雪害にやられて屋根がすっかりぼろぼろになってしまいました。
壁のコーキングも20年以上手入れをしておらず、気になりつつもなかなか塗装する機会がないままでした。
壁はともかくコーキングは手入れをしないといけないと、説明を受けました。
雨漏りなどしてしまったら、取り返しがつかなくなるという話でした。
屋根の見た目があまりにも悪いので、それをきっかけに塗装をすることにしました。
両親の家をリフォームしてくれた業者さんが良心的で腕が良いと聞いたので、そこに頼むことにしました。
屋根を見てもらうとやはり手入れをしないと危ない状態でした。
8年ほど前に塗装はしていて、10年から15年はもつと言われたので少々ショックでした。
業者さんとの打ち合わせで、折角外装を塗るなら少し雰囲気を変えてはどうかとサンプルをいただきました。
サンプルの一つがセンスが良くてとても気に入りました。
屋根は一枚ではなく段になっていることとコーキングがあることで、塗装の値段は150万を越えました。痛手でしたが、善意で樋や外の電気まで塗っていただいて結果的にはお安かったと思います。
屋根や壁はあまり複雑にすると手入れの費用もかかります。もちろんそうするメリットもあるのですが、何年か先の手入れのことも考えて家を建てると良いと思います。